ニュース

ホームページ制作

written by e-maga JAPAN

好きな時間に好きなだけ見ることができる。そして納得がいくまで確認できる。
ホームページは相手の都合に合わせていつでも活動できる営業マン。

「百聞は一見にしかず」という言葉があります。

お客様と自分の大切な時間を奪い、それでいて効果の薄い電話営業。
嫌がられて罵られながら歯を食いしばって100回の電話営業をするよりも、たった1回ヒマな時間にホームページを見てもらう方が効率が良いのは明らかです。

ホームページを作るメリット

まずは前述の通り「誰の時間も奪わない」ということ。

そして24時間不眠不休で営業活動をし、なおかつ人件費はほとんどかからない。文句もグチも言わない。
ホームページとは、まさに「最強の営業マン」なのです。

ホームページを持っている企業と持っていない企業では信用度も段違い。
インターネットを利用する人は下調べをウェブ検索によって行うことが多く、「検索で全くヒットしない企業を信用することはあまり無い」というアンケート結果もあるようです。

インターネットを使わないから効果がわからない

検索することでたくさんの知恵と知識を得ることができます。

旧時代の情報収集は書籍や伝聞によるものが大半を占めていたため「情報は有料」でしたが、インターネットの普及によって「情報は無料」が当たり前の時代になりました。

使ってみて下さい、是非。
そして自社や競合他社を検索してみてください。

その検索結果で満足ですか?

ホームページを作ることによるデメリット

「デメリットなど全く無い」と言いたいところなのですが、ケースによっては多少デメリットが生まれてきます。

強みを持たない企業

ウリの無い企業はホームページを作ることによってますますその平凡さが際立ってしまいます。
つまり、その企業に発注する理由が無くなるのです。

ただし、ホームページを作る前にまずは自社の強みを明確にすること、その強みを活かした仕事を心掛けることが出来れば、ホームページを作った効果は間違いなく数倍に跳ね上がります。
ぜひがんばってください。

いい加減なホームページ

貧相でいい加減なホームページを公開してしまうと、残念なことにそのホームページが企業にとってのマイナスイメージをまき散らす結果となります。

多少背伸びをしても構わないと思います。
センスの良い素敵なホームページを用意してください。

きっと、素敵なお客様を運んできてくれるはずですよ。

担当者が必要

制作会社にお金を払って更新する方が簡単ですが、自社に担当者がいれば余計な費用をかけずに済みます。

もちろんネットショップでもなければ毎日更新する必要もありませんので専従の担当者を置く必要はありません。簡単に更新出来るWordPress(後述)などを利用すれば、ほんの少しの手間で更新することが可能なのです。

WordPressなら自分で更新できる

私たちは大抵のホームページをWordPress(ワードプレス)で制作します。

WordPressとはオープンソースの優秀なブログツール。
誰でも無料で利用出来るうえに、ホームページを構築するシステムとしても充分な機能を持っています。

WordPressを選ぶ理由は「更新が簡単」ということ。
某ブログツールのように「商用利用する場合は有料」ということもありませんので公私ともに便利に使用させていただいています。

世の中の人々にもっとWordPressの存在を知ってもらえるようにすることが「無料で使用させていただいているユーザの義務」だと考えていますので、私たちは至る所でしつこいくらいにワードプレスを宣伝していたりします。